[特集]カルシウム基板

 

封止能力を評価する「カルシウム基板」の製造を始めました

 

カルシウム基板の開発について

 

これまでの封止性能評価

 有機ELの封止性能は、実際に有機EL素子を作製し、その有機EL素子の劣化によって封止性能を評価していました。 しかし、有機ELの製作状況によっても劣化が異なることから、純粋に封止性能を評価しているとは言いがたい状況でした。 これまでは、劣化は観測できるが、そのアウトガスを定量することはできなかったため、正確な比較評価ができず問題となっていました。

 

カルシウム基板開発後

 カルシウム基板を封止し、そのカルシウムの劣化を観察することで封止性能を評価します。Ca薄膜は酸化に応じて光沢のある金属的な色合いが白濁していき、最終的には透明なものに数分で変わります。膜厚が正確に規定されたカルシウム薄膜基板であれば、劣化したエリア(半透明化、白濁化した場所)を測定して面積を求めることで、膜厚と密度からカルシウムと反応した酸素・水分量を見積もり、定量することが可能となり、正確な比較評価を行うことができます。

  

 

カルシウム基板商品ラインナップ 詳細はこちらからご覧ください

「カルシウム基板」はカルシウムの性質を利用して、フレキシブルタイプ透明基板(PET,PEN,ポリイミド等)や接着剤の封止能力を評価します。ぜひ、Q-Lightsの「カルシウム基板」をお試しください。

 

名称 基板外形 厚さ 額縁幅(4辺共通) 成膜構成 用途
□30 Ca成膜基板 □29.8±0.2 t0.7 なし or 1 or 2 or 3 Glass(OA-10G)/Ca,200nm バリア性評価
□50 Ca成膜基板 □49.8±0.2
□100 Ca成膜基板 □99.8±0.2
Ca成膜樹脂基板 □30〜□100 〜t0.2 ご指定の樹脂基板/Ca,200nm

※ Ca薄膜は吸水性が高いため、膜厚を測定するまでに膨潤して正確な蒸着条件を出せません。

  弊社では、Ca薄膜上にカバレージがよく、再現性のよいアルミを成膜することでCaの膨潤を防ぎ、

  正確な膜厚を測定、蒸着条件を算出しています。

※ ご発注の際は、Caが成膜されない基板端(額縁)の幅をご指定下さい。

  「なし」をご選択頂いた場合でも、4辺中の2辺、0.5佗程度ですが基板を受ける場所には

  Caが成膜されませんのでご注意下さい。また、蒸着マスクを作製することでご指定の額縁幅でも

  成膜できますので、別途お問合せ下さい。

※ 上記の定型サイズの他、異形サイズのガラス基板、PETなどの樹脂基板、膜厚の増減、

  Ca以外の有機・金属材料の成膜についても対応できますので、別途お問合せ下さい。

※ 梱包形態:ウェハートレイに個別に入れ、ゲッターを同梱してハイバリア性の袋に詰めます。

  更に、シリカゲルを入れたハイバリア性の袋に入れて2重梱包にして出荷します。

  2重梱包の状態であれば、室内に放置しておいても2〜3ヶ月はCa薄膜の金属光沢に陰りは

  見えません。